水漏れ修理はいつでも頼めるようにしておく

水漏れ修理はいつでも頼めるようにしておく 水のトラブルはいつどこで起こるかわかりませんし、住まいの新旧にかかわらず起こるものです。それは水道管の破損に限らずキッチンやお風呂場のいたるところで起こる可能性があります。経年劣化によるものが多いのは事実ですが、使い方に問題があるために起こることも多数あります。そのためどの家でいつ起こってもおかしくはありません。
しかし、水漏れが起こると誰しもパニックに陥ります。パニックに陥った状態では適切な処置ができず、被害を大きくしてしまいます。そうならないために水漏れ対策として知っておくとよいポイントを紹介します。もちろんすでに修理済みだというお宅やこれから新築を建てることを検討している方、または集合住宅にお住まいの方も参考にしてください。

■水漏れは必ず起きると覚悟しておく

新しい家でも水のトラブルは起きると覚悟しておくのが賢明です。例えば、お風呂の水に関するトラブルでたいてい一番の原因になるのは髪の毛の詰まりですが、髪の毛の詰まりは気をつけているようでもなかなかチェックが行き届かないものです。トイレに関しては、トイレットペーパーの流しすぎで水があふれることはどの家でも簡単に起こり得ますし、タンクの水が止まらないことなどは誰しも一度くらい経験したことがあるでしょう。
水漏れを起こす場所は家の形態や築年数で変わってきます。一概にここが危険と言いきれないのも現実です。そこで水漏れを修理する施工業者のサイトを見てみると、どのような水のトラブルが一番多いかが記載されています。それらを参考に自分の家ならばどのあたりを重点的に注意しておくべきか知っておくと安心です。生活をしている限りいつでも起こりうるトラブルなので、水回りでのトラブルは避けて通れないものと考えておきましょう。

■信頼できる業者を知っておく
水のトラブルは避けて通れないものですから、いざという時のために信頼できる業者とつながっておくことは大切です。最近は住宅会社でも家を建てたらアフターケアとして修理業者を斡旋してくれるところもありますのでそこを利用するとよいでしょう。そのようなあてがないという方は自分の家の近くですぐに来てくれる業者を探しておくことが必要です。自分の家の近くで、料金も手ごろだと思えるところにトラブルがなくても一度点検に来てもらうようにしましょう。そうしておくと、いざ水のトラブルが発生したときにもすぐに駆けつけてもらえます。

■適正な料金かどのくらいか調べておく

信頼できる業者であることの条件に適正な見積もりを出してくれるかどうかがあります。業者が家から近くすぐに対応してくれることも大切ですが、修理代金が適正かどうかはやはり重要です。見積もりは無料ということころが多いので、大体の目安として一つの工事でいくらくらいかかるのかを知っておくとよいでしょう。インターネット上に過去の修理例と料金を表示しているところもありますから、チェックをしておくことをおすすめします。良心的なところなら修理の基本料金プラス部品や出張費にいくらかかって、総額代金がいくらだったということを表示してくれています。



■まとめ
自分の家は大丈夫という思いがあると、いざ水漏れをしたときに大変なパニックになります。適切な対処ができなければ部屋中水浸しになってしまうというようなケースもあります。いざ起こった時に知っておくと助かるのが元栓の位置です。たいていの場合は元栓をしめると水漏れはおさまります。
ただし、家庭に供給されるすべての水が止まるわけですから、水を飲みたくても水は出ませんしトイレはタンクに水がなくなれば排泄物を流すことができなくなります。このような場合はできるだけ早めに業者へ修理を頼むことが大切です。水漏れをしたときにはどこがどうなっているのか原因を探る前に止水栓を止め、その後しっかりと業者に点検、修理をしてもらうと心に留めておくとよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース