排水の詰まりと水漏れ修理について

排水管 水漏れの原因を突き止めると排水管の経年劣化によるものが多いことが分かるでしょう。経年劣化でパイプが破れている場合は業者に依頼して取り替えてもらうしかありませんが、他には日頃ほとんど手入れをしないために傷みが早まり悪臭や水漏れを引き起こすことがあります。これは日頃気をつけていればなんとかなるものです。下水につながる排水管から一旦漏れだすと大変な悪臭を放つため、自分の家だけでなく近隣住民に迷惑をかけることもあります。集合住宅ならなおのことです。ここでは日頃から気をつけたい排水管の手入れについて紹介します。

■トラップU管の手入れ

トラップU管は悪臭や虫が排水管を通じて入ってくるのを防ぐ働きをするので必要なものです。しかし、このトラップU管は汚れがたまりやすい場所としてはトップとなっています。ここからの水漏れは汚れが一緒に流出してくることもあり、後の始末は大変です。
詰まりの原因は髪の毛や油がこびりついている場合がほとんどです。一番良いのは髪の毛が流れないよう排水溝の入り口に道具を設置することです。これは他の異物の流出も防ぐことができ、詰まりを未然に防ぐことができます。それでも詰まった場合は髪の毛を溶かす洗浄剤を購入して洗浄します。
キッチンであれば油汚れの蓄積が考えられます。これも洗浄剤がありますので試してみます。それでも駄目な時は高圧洗浄をすることになります。自分でもできますがここは専門の業者に修理を頼みましょう。

■汚水枡の手入れ

家の周りには様々な枡があります。その中の一つに汚水と書かれたものがあります。それが汚水枡です。シンクや洗面所の洗浄もしたのに水が逆流したり漏れたり悪臭がおさまらないときは汚水枡に汚れがたまっている場合があります。汚水枡を開けてみて目に見える大きなものが詰まっていたら取り除きます。しかし原因がよくわからないのに汚水枡から悪臭が上がってくるようでしたら業者に洗浄や修理を頼みましょう。こうならないためにも、年に数回は汚水枡を掃除することが大切です。



■まとめ
排水はなかなか日頃気にかける場所ではありません。しかし一旦トラブルが起きると自分の家だけでなく他の家にも迷惑をかけることになる場合もあります。水が漏れるだけでなく悪臭や汚れの流出があれば自分の家の修理だけでなく他の家の補償をしなければならなくなることも考えられます。そうならないために日頃から気にかけて手入れをすることと、多少の出費は覚悟して定期的に業者に点検をしてもらうことも視野に入れておくようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ