水漏れ修理は日頃から気をつけておく

水漏れというとすぐに業者に修理を頼まなければならないと考えている人が大半です。もちろん、排水管が破れていたり地中から水が漏れていたりする場合は業者に頼まなければ修理をすることはできません。しかし、キッチンや洗面所のパッキンが緩んでいるといった小さな部品を取り換えるだけで済む場合は、お近くのホームセンターにたくさん部品が売られています。自分で修理することもできるということを知っていると、いざというときに慌てなくて済みます。ここでは自分で修理するために準備しておくものと日頃の点検について紹介します。

■日ごろから点検を怠らない

前触れもなく水のトラブルが起こることもありますが、水の出が悪い、エアーをかんだような音がするなど、前触れのある場合は多いものです。自分で修理をしようと考えているのであれば、日ごろから継ぎ目が破損していないかや小さな部品の傷みはないか等、点検をしておくことが大切です。キッチンなら水道の継ぎ目から水か漏れていないかどうか、緩んでいないかどうかを点検するだけでも早期発見につながります。トイレなら、トラブルの起こりやすいタンクや給水栓からの水漏れやちょっとした異状がないかを掃除の際にでも点検します。



■道具や部品は身近なところで手に入る

最近のホームセンターはプロも購入するような本格的な部品も置いていますし、素人がちょっとしたDIYを行うための材料もたくさん置いています。いざというときにホームセンターで部品を購入して自分で付け替えるということが可能です。パッキンの交換程度ならDIYの経験のある人にはそう難しいことではありません。インターネットでも交換方法を詳しく説明してくれているサイトもあります。ぜひ参考にしてください。
そのために日頃から修理に備えて道具をそろえておくことも大切です。たいていのご家庭にはペンチやドライバーなどの道具はあるでしょう。今は100円均一でもメジャーやレンチなどが手に入りますから、最低でもペンチ、レンチ、メジャー、ドライバーは揃えておきましょう。ホームセンターやインターネットショッピングで水栓修理セットも売っていますから、それを利用すると最低限のものはすぐに揃います。

■まとめ
水漏れを修理する業者のサイトを見てみると、自分で点検する際のポイントや日頃気をつけるべき水のトラブルについて記載していることがよくあります。素人ではどうにもならないトラブルは業者に依頼するのがベストですが、自分で何とかなることもあると知っておき、日常的にチェックをしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ